税込11,000円以上お買い上げで送料無料!

車で寝てしまう原因と居眠り運転回避のポイント【睡眠Q&A】

ねむりのコンシェルジュによるお役立ちラジオ
FM京都【SLEEP CONCIERGE】  2021.2.24放送

-----------------------------

本日は【SLEEP CONCIERGE】のコーナー届いた質問、メッセージに
眠りのスペシャリストがお答えしたQ&Aのまとめです♪

Q.息子は子どもの頃、寝つきが悪かったんですが、
車に乗せて走るとすぐ寝ました。
23歳になった今でも、車に乗るとすぐ寝ます。
これってどんな作用が働いているんでしょうか?

 

A.車や電車の眠気を促す作用「低周波振動」の影響または
 「車」と「寝ること」が条件づけされたのかもしれません。

 

逆に運転する側になったら居眠り運転が心配です。

換気ガムなどで眠気を飛ばす方法は様々ありますが、
一番効果的な予防法は、強い眠気を自覚する前に短時間の仮眠をとることです。

体内リズムの中には、夜中に強い眠気をもたらす
サーカディアンリズムとそれより弱い眠気の約半日のリズム
さらに弱い約2時間のリズムがあります。
そのためおおよそ眠くなる時間帯を予測することは可能です。

その眠気がきそうな時間よりも先に、
効き始めるのに30分ほどかかるカフェインをとってから
20分ほど仮眠にあてみてください。
そうすると起きた時カフェインが寝ぼけを軽減させてくれます。

姿勢は完全に横になるより、座席を倒したくらいが良いです。
さらに、ひざ掛けやケット類があるといいですね。

 

 その他過去のご質問・回答、睡眠に関することは

睡眠情報発信サイト「ねむりのコンシェルジュ」をご覧ください!

 

 -----------------------------

【SLEEP CONCIERGE】は
毎日を元気に過ごすために、質の良い睡眠の大切さを
様々な角度からご紹介しています!

FM京都 α-station『SUNNY SIDE BALCONY』にて
毎週水曜13:15~放送中!

是非お聞きください♪




お問合せ