税込11,000円以上お買い上げで送料無料!

【ロコモティブシンドローム】と睡眠の関わり

ねむりのコンシェルジュによるお役立ちラジオ
FM京都【SLEEP CONCIERGE】  2021.02.17放送

-----------------------------

コロナ渦で外出を控えることで心配される「ロコモティブシンドローム」…。

厚生労働省が公表している21世紀における国民健康づくり運動、
「健康日本21」という取り組みでは、
2022年までに“ロコモ”の認知度80%を目標にしているようですが、
“ロコモ”とは何のことか、ご存知でしょうか?

 

【ロコモ(ロコモティブシンドローム)とは】

階段の上り下りがし辛い、早く歩けないといった
運動器の障害によって移動機能が低下した状態のことで、
2007年に日本整形外科学会が提唱した概念です。
ロコモは、単に足腰が弱るだけでなく、
自立した生活を送るのが困難になることが問題といわれ
コロナで行動が制限されるなか、身体に影響があるのではと今、注目されています。

これは高齢者だけの問題ではなく、中年期から注意が必要とされています。
特に若いころから運動習慣がない人は、進行が早いことが多いとも言われています。

【ロコモと睡眠の関わり】

65歳を過ぎると3人に1人が睡眠に問題を抱えているといわれていますが、
個人差が大きく出てきます。
その差を生んでいる1つが「運動習慣のあるなし」と考えられています。

運動習慣を持つことが、ロコモ予防にも睡眠の質UPにも繋がるということ!

ロコモの原因は、運動不足、メタボ、痩せすぎ、低栄養などがあげられています。
若いから大丈夫!と思ってしまいますが、今はコロナの時代、
この機会に目を向けてみてください♪

さらに気になる人はロコモティブシンドローム予防啓発公式サイトもご覧ください。

-----------------------------

【SLEEP CONCIERGE】は
毎日を元気に過ごすために、質の良い睡眠の大切さを
様々な角度からご紹介しています!

FM京都 α-station『SUNNY SIDE BALCONY』にて
毎週水曜13:15~放送中!

是非お聞きください♪




お問合せ